オープンキャンパスに行こう!! | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2017年 8月 4日 オープンキャンパスに行こう!!

 
 
こんにちは。担任助手1年の中畔です。
いよいよ8月が始まりました。夏休みも残り1ヶ月を切りましたね…。焦らず、しかし気を抜かず。やるべきことを1日ずつ、取り組んでいかなくてはなりません。
 
そこで、皆さん。
オープンキャンパスには参加していますか?
実は、私が今通っている早稲田大学(早稲田・西早稲田・戸山キャンパス)では明日明後日、つまり8月5日・6日がオープンキャンパスとなっています。その他にも、この夏休みには様々な大学でオープンキャンパスや大学説明会が行われていますよね。
 
しかし…オープンキャンパスなんて、行く意味がわからない!と思っている生徒の方々。実はたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。
そんな暇があるなら勉強しておかなくちゃいけないんじゃないの?と思っている受験生もいれば、まだ受験なんて関係ないし行かなくてもいいや…という低学年の方もいて、皆さんオープンキャンパスに対する考え方は違うと思います。
 
 
でも、上級生であっても下級生であっても、オープンキャンパスには絶対に参加してほしいと私は考えています。
なぜなら…
 
上級生(受験生)→
 
 
・志望校の校風やキャンパスの環境などを改めて確認し、モチベーションアップ(自分もこの大学に絶対入るんだ!)につなげることができる。
 
・大学のパンフレット配布や説明会に参加し、より受験についての詳しい情報を知ることができる。
 
・受験相談会などが多数開催されているので、受験生活や大学生活についての不安や悩みを直接相談できる。
 
 
 
下級生(高1・高2生)→
 
・大学の模擬講義・模擬ゼミに参加したり、研究発表会、サークルの展示などを実際に見聞きすることで、高校と大学の授業・講義のレベルの違いを感じられる。
 
・(志望校が決まっている人もそうでない人も)実際に大学生に会って、その人がどのような学校生活を送っているのかがよくわかるので、「自分もこんな大学生になりたい!大学生活を送りたい」という明確なビジョンができる。
 
・家から大学までの遠さやキャンパスの広さなど、実際に大学の門をくぐらないとわからない(そして受験期に把握すると入試やその後に影響が出る)基本事項を体験できる。
 
 
などなど、様々な利点があるからです。高3生は、この中だるみしていきやすい8月に実際に大学を訪れることで、気分転換も兼ねつつ今後のより一層の頑張りに生かしてほしいです。また高1・高2生は、「自分もこれから受験生だ」という気概にも似た当事者意識をもって、志望校選びの参考にもしてほしいなと思います。
 
 
オープンキャンパスで「大学」を肌で感じて、一歩進む夏にしましょう。