受験期の振り返りシリーズ~茂呂編~ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2017年 11月 7日 受験期の振り返りシリーズ~茂呂編~

こんにちは!担任助手一年の茂呂です。
今回は吉野くんの勝手に始めるシリーズ第二弾!!『受験期の振り返りシリーズ
第一回目では吉野シリーズを行ったのが五人だったので第二弾こそは全員やてくれることを
期待します(笑)

受験期の振り返りりシリーズ茂呂編

①自分ですることを考える時間が増えた。
 今までは何となくだったり、親・先生に言われたからやるような受動的な行動が今思うと多かった
気がします。よく言えばゆうこと聞く子供。悪く言えば自分から何もできませんでした笑
ただ受験期を通じて自分がすべきこと、今一番大切なことは自分しかわからないことを実感させられて
自ら考えて自ら行動する大切さを学びました。

②家族の偉大さ
 今まで生きてきた中で一番感じることができました。毎日帰るのが遅くなってしまうため、お昼ご飯と
夕ご飯の二つお弁当を持たせてくれました。それも二つともお弁当の中身が違う泣当たり前のようにいる家族が
本当に大きく感じました。いつも支えてくれて、信じてくれてた家族には今でも感謝しかありません。

これ以外にもたくさん振り返りはありますが私の中で大きいのはこの二つです!
もちろんこの二つみたいに綺麗なことだけじゃなく、悔しい気持ちだったりはありましたが、受験をして
よかったと心から思えます!!!

今はつらい受験かもしれませんが受験してよかったと思える時が来ます!それまで残り約四か月
本気で駆け抜け続けましょう!