戦略として考える大学受験 | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2017年 9月 24日 戦略として考える大学受験

こんにちは。担任助手1年の中畔です。昨日今日と9月有名大・難関大本番レベル模試が行われています。内部生のみなさんも大勢受験していて、よく頑張っていたと思います。復習にも最後までしっかり取り組んでください。まだまだ挫けず諦めず!

 

最近、生徒からこんなことを聞かれます。

「センター利用って何個くらい受験すればいいんですか?」

「全学部入試って合格するんですか?倍率高いなら受けなくていいですよね?」

これから、すべり止め校やセンター利用校の選別を考えてくる時期に入ってくると思います。そういった中では、「第1志望に絶対合格する!」という気概も大切ですが、どのように戦略を立てて受験を乗り切るかが重要になります。例えば、

 

①連続して4日間入試を受けることは無いようにする。

②センター利用入試では合格が難しそうなすべり止め校は(特に志望順位の高い大学は)、全学部入試や個別入試のB日程・C日程なども受験して、合格の可能性を上げる。

③入学料の振込締切によっては、第1志望校の合格発表より前に振り込まなくてはいけない志望校も出てくる。受験日程だけでなく費用のことも考えよう。

 

このように、単に「受験する」ということでも様々な制約・注意点が出てきます。

点数を上げることだけが受験勉強ではありません。

担任・担任助手、学校の先生と相談して、しっかり戦略を立てるようにしてくださいね。