模試の復習法(春日編) | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2016年 2月 24日 模試の復習法(春日編)

こんにちは!担任助手1年の春日です!

今日は私が受験生だったときの模試の復習法について書きたいと思います(*^^)v

 

私は私立文系だったので、受検科目は英語・国語・世界史の3つでした。

 

まず英語

①間違えた問題は、なぜ自分が間違いの回答にしたのか(過程を思いだす!)、なぜそれが間違っているのかなぜ解答は正しいのか、を確認する。

②わからなかった単語・熟語・文法事項にマーカーで線を引く。

③わからなかった単語・熟語・文法事項が、自分が使っている単語帳や参考書に載っているかどうか確認する。

(載っていたら⇒)その単語・熟語・文法事項が載っているページに後で見た時に分かるように印を付ける。

(載っていなかったら⇒)その単語・熟語・文法事項をノートに書き写し、学校の休み時間などの隙間時間で見直す。

④長文問題のなかで、最も得点率が低かったものは、②でやったマーカーの線の、正しい意味を理解しながら10回以上音読する。

 

 

次に国語

知識問題(漢字・四字熟語・文学史etc…)で間違えた問題は最優先で正解を確認する。

②その他の問題で間違えた問題は、なぜ自分が間違いの回答にしたのか(過程を思いだす!)、なぜそれが間違っているのかなぜ解答は正しいのか、を確認する。

文章中で分からなかった言葉(二字熟語の意味・読み、ことわざの意味etc…)は調べてノートに書いておく。

 

 

最後に世界史

・間違えた問題は、なぜ自分が間違いの回答にしたのか(過程を思いだす!)、なぜそれが間違っているのかなぜ解答は正しいのか、を確認する。

・模試の解説を熟読し、忘れていたところはノートに写しておく。

・間違えたところやあいまいだったところは、教科書・資料集・用語集・一問一答を使って確認する。

 

以上が私がやっていた模試の復習方法です!

みなさんそれぞれ自分に合ったやり方を見つけることが大事だと思いますが、私のやり方も参考にしてみてください!