模試の復習法(野瑞編) | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2016年 3月 2日 模試の復習法(野瑞編)

こんにちは、野瑞です。もう三月ですね…。

 

 さて今回は模試の復習法ということで私は現代文の復習法について書きたいと思います!

 

私は受験生のころ国語、特に現代文が本当に苦手で悩んでました。

センター模試でもこれだ!と思って選んでも違ったり、残り2つには絞れるけどそこから答えに辿りつけなかったり…。

現代文のなかでも特に小説が苦手でいつも50点中20点くらいしかとれていませんでした。

 

その時の私の小説の解き方は…「主人公に感情移入する」。笑笑

今思えば完全に間違えた解き方でしたが、その当時の私にはその解き方しか分かりませんでした。

 

そんな中、模試の復習の時に解説授業を活用しなさい!と当時担当していた担任助手の人に言われました。

それまでは模試の復習も解答解説を適当に読み込むだけで解説授業を受けたことはなかったのですが、実際受けてみると板野先生が詳しく解説してくれていました。

主観で解くのではなく、あくまで論理的に、答えは必ず文章の中にあるということや、選択肢の切り方から文章を読むときのコツまで細かく教えてくれて、そこで今までの現代文の解き方の概念が覆りました。

 

それからはずっと模試の度、必ず翌日に(日にちをあけると忘れてしまうでの早いうちに!)解説授業をいれて受けました。周りには解説授業を受けている人はそこまで多くなかったのでそこで周りと差をつけられたかなと思います。

 

東進生の人もそうでない人も、東進で模試を受ければ解説授業は無料で受講できるのでぜひぜひ活用してみてください!