模試の復習~英語編~ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2015年 10月 27日 模試の復習~英語編~

こんばんは、野瑞です。

全国統一高校生テストも終わりましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は前回予告した通り、模試後の復習について、英語に焦点を当てて書きたいと思います。

まず第一に考えてほしいことは『時間配分』です。
みなさん模試は時間内に解き終わりましたか?

解き終わったという人より解き終わらなかった人の方が多いと思います。
センターは時間設定が厳しいので慣れてないうちは時間内に解き終わるのは難しいかもしれません。

そこで時間内に解き終わるようになるために、復習の際は「どの大問に時間をかけすぎてしまったのか」ということを導き、そして次の模試ではその大問に何分時間をかけるのか目安をたてましょう。

そして目安をたてたらその目安時間内で解き終わるように、過去問や大問別演習を使って特訓していきます。

そうすればそのうち早く読み、早く解くという行為に慣れていき、時間内に解き終わるようになるはずです。

そして二つ目は『間違えた原因を追求する』ことです。
これがどの科目にも当てはまることです。

これを聞いて当たり前だ、と感じる人もいると思いますが、案外これが出来ている生徒が少ないと私は感じます。

なんとなーく答えを見て、納得して、復習を終える、そんなやり方ではいつまでたっても得点は伸びません。

どうしてその問題を間違えたのか、もっと根本的なところから追求し、その原因をつぶしていくようにこれから学習していけば次の模試では必ず点数は伸びます。
(たとえば、この問題間違えた⇒ここの文章の意味がよく分からなかったから間違えた⇒ここの文章のこの単語が分からなかったから間違えた⇒では単語の復習をしよう、というように間違えた原因を追求し、その原因をつぶすために今何をすべきかを考えましょう。)

長くなってしまいましたが、ぜひ参考にして復習してみてください!!

東進公式SNSの登録はこちら! 登録しておくと受験情報や体験授業、各種イベントの案内がくるようになります!

 

 

東進公式line 東進公式facebook 東進公式twitter

 

 

験授業のお申込みはこちら

 

 

学希望の方はこちら

 

 

東進のシステムはこちら

 

 

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

 

東進の授業を体験⇒Web体験授業