特別な状況にも対応できるように | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2018年 1月 24日 特別な状況にも対応できるように

こんにちは、担任助手1年の中畔です。

一昨日はものすごい雪でしたね…!生徒の皆さんは無事何事もなく乗り越えられたでしょうか?足元が危うかったため怪我をしたり、あまりの寒さに体調を崩した人もきっと多かっただろうと思います。どうかお身体は大切にしてくださいね。

私個人としては、大学の講義も5限以降は休みになったのですが…4限までは通常通り実施されたので早めの帰宅が出来ませんでした(涙)終わった時点でもう既に、大学最寄りの駅から乗り換え駅まで激しく混雑していて、入場規制も行われたためととても混乱した1日でした。

また校舎でも、平日でしたが19時閉館の措置が取られたり帳票返却会が一部中止になるなど生徒の皆さんの安全を配慮して特別な対応を取らせていただきました。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

 

こんな大雪は滅多にない、ということは重々承知していますが、それでも毎日何が起きるかわかりませんよね。特に受験生にとっては、入試当日にこのような事態ーー交通機関の混乱・会場での特別措置ーーが発生することは(考えたくはありませんが)やはり可能性のひとつとして考慮しなくてはならないと思います。

また、低学年の皆さんは一昨日・昨日と学校が早く終わったり休校になった方もたくさんいるでしょう。そういう時に「やった!休める!」と思う前に、少しでも勉強する。皆が休みになった時でも努力している人はしています。それが習慣になっているからです。雨でも雪でも、やることは変わらないからです(しかしもちろん今回のように物理的に不可能だというときもあります)。

大切なのは、様々な事態を考慮しておくこと。そしてそれに則り臨機応変に対応すること。

昨日の川口校は高速マスターの修了判定テスト受験者がいなかったり、低学年の受講数が24コマだったり、やはり勉強量が下がってしまいました…。雨にも負けず、雪にも負けず、努力は継続していきましょうね。