センター日本史100点の秘訣。 | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2015年 12月 3日 センター日本史100点の秘訣。

 

こんにちは!川口校担任助手4年目の松嶋です!

本日はボクの受験時代の経験から、

センター日本史100点満点の秘訣を少し紹介したいと思います!

僕は高2の1月から本格的に日本史の受験勉強をスタートしました。

自分でやる!と決めたわけではありません。

ボクは蕨高校でバスケ部に所属していたのですが、その1つ上の先輩たちのセンター試験前日に応援に行ったところ、
「社会科目は絶対に早めにやっておいた方がいい。あとで苦労する。」と先輩たちに言われたのがキッカケでした。

いざ、「日本史を勉強しよう!」と思っても、実際に何からやっていいのか分からず、
東進では通史の授業を受講していなかったので、独学で大学受験レベルまで持って行けるのかすごく不安でした。

しかし、まずやるべきは、英語も数学も社会も一緒だろう!と考え、
「基礎・基本」を徹底していくことを決意しました。

英語だったら英単語とか英熟語とかあるけど…
日本史とか世界史の基礎・基本って何?と皆さん思っていませんか?

正解は今、学校で使っているやつです。そう!教科書です!

ボクはまず、教科書を読みこみ、歴史の流れを掴むことから始めました。
よく生徒から2周くらい読んだんですか?と聞かれますが、2周したくらいで歴史の流れがアタマに入るはずがありません!

5~7周はしました!(人物・事件が多い近現代は特に何度も)

必ず毎日取り組みました。教科書に加え、資料集・用語集などを用いて、用語記憶の作業も並行していきました。

そして、高3の夏には、自分で約ルーズリーフ400枚の通史ノートを作成すると共に、
センター過去問10年分×3周をやり切りました。

夏以降は、私大の過去問・問題集を3~5周取り組みました。

特に一問一答は、約30周やりこみました。(表紙が取れるくらい・・・)

センター試験の前日は、正直言って自信しかありませんでした。
それくらいやり切ったと言えるほどに勉強してきたと思えたからです。

その結果、センター日本史100点満点を取ることが出来ました!
進学した明治大学の本番入試でも日本史でほぼ満点が取れました!

高2生の皆さんは、センター試験本番まで残り1年と迫ってきています。

入試は急にはやってきません。試験日が決まっています。
あとは、その試験日にベストパフォーマンスが発揮できるよう準備をすればいいのです。

今からスタートすれば、必ず出来る!

 

東進公式SNSの登録はこちら! 登録しておくと受験情報や体験授業、各種イベントの案内がくるようになります!

東進公式line 東進公式facebook 東進公式twitter

 

験授業のお申込みはこちら

学希望の方はこちら

東進のシステムはこちら

 

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

 

東進の授業を体験⇒Web体験授業