二次私大過去問演習の活用法~江川編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 7月 25日 二次私大過去問演習の活用法~江川編~

皆さんこんにちは、江川です。

二次私大過去問演習については今日が最後ということで、いよいよ書くことがなくなってきたわけですが、私からは主に、演習後についてのお話をしようと思います。

 

過去問は解いて終わりじゃありません。もちろん復習が必要ですよね。むしろ、実際に知識を身に着けるためには復習は必ずやらなければいけないことです。ですが、私を含め、みんなが口をそろえて言うのは、復習に時間はかけすぎるなということです。

絶対やらなければいけないことなのに、時間をかけてはいけない。矛盾してますよね。どうすればいいんだ!大ピンチ!というわけです。ですが、そこにどう折り合いをつけるかが、次につながる過去問演習をできるかどうかのカギとなってきます。

まず、有効な手段として、東進には解説授業があります。東進の誇るトップ講師が過去問の解説をしてくれるというなかなか豪華なコンテンツだと私は思っています。演習中も復習中もその問題が全く理解できない!なんてときはぜひ活用してみてください。

しかしhowever、この解説授業には大きな落とし穴があります。それは…ただ映像を眺めているだけなのに勉強した気にになってしまうということです!いうなれば、解説授業は麻薬のようなものです。どういうことかというと、実際解説授業はとても分かりやすいですし、それを見ればその時はわからなかった問題を理解できるようになります。東進の先生方は素晴らしい方ばかりですから、問題をチラ見しながら映像を眺めているだけでも理解できたような気がしてしまうのです。それが続くと、全く分からなかったという問題だけでなく、なんとなくわかってたけど間違えてしまった、という問題も解説授業を見たくなってしまいます。そうなってしまったらもう手遅れです。解説授業の泥沼から抜け出せなくなります。しまいにはすべての問題の解説授業をただ眺めているだけの、超非効率モンスターが生まれてしまいます。皆さんはこの負のスパイラルに陥らないよう注意してください。

もう一つ有効な手段として、類題を解いてみるということがあげられます。解けなかった問題が復習によって理解できるようになったとしても、もしかしたらそれはその問題を理解できただけで、その問題の本質が理解できていないかもしれません。過去問と全く同じ問題は本番には出ないわけですから、本番のために皆さんは、同じような問題が出てきたときにしっかりと回答する力が必要になるわけです。

しかしbut、類題など自分でそう簡単に見つけられるものではありません。ではどうするか。これはまだ少し先の話になるのですが、東進には志望校別単元ジャンル演習というものが9月1日から開講します。これは、今までの皆さんの学習データからAIが苦手と判断した単元・ジャンルを算出し、その類題をたくさん提案してくれるというものです。まさに、前述の私の説明にぴったりの講座だと思いませんか?

ただ、夏休み中はどうするんだ?という問題があります。そんな時は過去問データベースを活用してみてください。データベースには古いものでは20年以上前の問題まで載っています。自分の志望校の昔の問題を解いてみるもよし、少し上のレベルにチャレンジするもよし、少し下のレベルで実力を養うもよし。活用法は無限大です。夏休みは時間もたっぷりありますから、自分の志望校だけではなく、いろいろな問題に触れてみてくださいね。

ちなみに、この志望校別単元ジャンル演習を開始するためには、共通テスト二次私大ともに5年分以上の演習が必要となります。しかし皆さんは、5年分といわず、必ずこの夏休みに10年分演習を達成しましょう!

 

川口校オープンキャンパスのお申し込みは下のバナーをタップ↓