学部学科紹介 ~教育学部 初等教育連携専修~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 5月 17日 学部学科紹介 ~教育学部 初等教育連携専修~

こんにちは!担任助手1年の遠山紗矢です!

 

憧れだった大学生活が始まって1か月過ごしてみて1番感じたことは友達の大切さです。大学は、高校までとは違い、自分で調べないと誰も教えてくれません。授業変更や課題提出など、いつも友達に助けられてばかりで、本当に感謝しています。私も友達に頼りすぎず、助ける側になれるよう頑張ります!そしてなんといっても大学生活は楽しいです!サークルにバイトに遊びに、自分で自由に時間を使い楽しめるのが大学生です。全てにおいて自分次第であることが大変さでもあり楽しさであると感じています!

 

さて、今回は私の通っている文教大学 教育学部 初等連携教育専修について紹介したいと思います。同じ教育学部でも大学によってカリキュラムは様々なので、他大学との違いを感じながら最後まで読んでくれると嬉しいです。

 

まずは、学部についてお話します。教育学部の中でも教科指導を中核とした学校教育課程と発達の連続性と多様性を学ぶ発達教育課程の2つの過程に分かれています。さらに学校教育課程では9つの専修に分かれ、小学校、中学校、高校の教員をめざし、発達教育課程では4つの専修に分かれ、乳幼児期から、児童期、青年期へと学びをつなぐことのできる先生をめざします。

私が通う初等連携教育専修発達教育課程の中にあり、幼児教育から小学校教育につながる「学びの連続性」を学び、小学校と幼稚園の教員免許を取得できます。そのため、講義では小学校と幼稚園のどちらも学ぶため、2つのことに興味がある人にはピッタリです。1クラスしかなく、4年間同じメンバーで必修科目を学び、行事もクラスごとに参加するので4年間で絆が深まると思います。

そして文教大学教育学部は、教員採用者数私立大学トップということもあり教員を目指す人ばかりで、志の高い人がたくさん集まります。高い志を持つ人たちと一緒に過ごすことは毎日が驚きと発見ばかりで、とても刺激的な生活を送っています。やはり教師を目指す人は明るくフレンドリーな人ばかりです!そのためすぐに友達ができ、すぐに仲良くなれます!特に教員を目指す人にとってはとてもいい環境なので、ぜひ大学選びの参考にしてみてください♪

今日はここまで。

次回は新島さんです!どんな学部が紹介されるか楽しみですね♪

全国統一高校生テストまで残り26日です!雨にも負けず、1日1日を大切に頑張りましょう!