志望校の決め方~高野編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 11月 4日 志望校の決め方~高野編~

東進ハイスクール川口校のブログをご覧の皆様、こんにちは!

担任助手1年、高野壮太です!

 

昨日は、オリックスバッファローズの優勝パレードが大盛り上がりでしたね!来年は必ず日ハムが日本一になるので、皆さん応援よろしくお願いします!

また野球だけでなく、サッカーも好きな私としてはワールドカップもめちゃくちゃ楽しみです!日本代表の初戦の対戦相手は、強豪国ドイツです!ドイツと戦える機会なんてめったにないので、ほんとに楽しみです!侍ブルーの戦士たちに日本男児の底力みせつけてもらいましょう!

 

「高野さん、話がそれすぎですよ!!」って?(笑)

いいや、このような観点からの志望校決定もありかなって個人的には感じています!

 

それでは私の志望校の決め方について詳しくお話させていただきます!!

私は主に2点を意識して志望校を決定しました!

 

①教員養成のレベルが高い大学

何度かお話させていただいていますが、私は教員になりたいと考えています。そこでどんな先生になりたいかな?って考えたときに「生徒から愛される先生」になりたい!と思いました!

皆さん、こんな経験ないですか?

「うちのクラスの担任ハズレだなあ~」「あの先生のクラスが良かったのに、、」

私はあります!そんな時に、生徒に愛されていればそのクラスになったことを後悔させるようなことはないなあと思ったので愛される先生になりたいという点にいきつきました!

では、愛される先生ってどんな先生だろう?私はお互いに信頼しあえる関係を構築できている先生だと思っています。

では、信頼しあえる関係を構築するにはどうすればいいのだろう?私は、生徒のことをよくわかっているということと、質の高い授業を提供できるという2点が大切だなと思っています。

生徒にとって、先生にみてもらってるという事実ってめちゃくちゃ大事だなって個人的に思っています!些細なことでも褒められたら嬉しくないですか?一生懸命頑張ったことを讃えてくれたら嬉しくないですか?そのような細かいことに気づきたいと強く思っています!

質の高い授業、これも大切だなって思います。わかりづらい授業をしている先生についていきたくなりますか?そりゃ分かりやすい方がいいに決まってるでしょ!ってことで、当たり前かもしれませんが分かりやすい授業を提供していきたいと思います!

いま示した2点を実現するために自分にとって最適な大学、それが今通っている東京学芸大学でした。

 

②高いレベルのサッカーに携われる大学

最初に書かせていただいたように、私はサッカーが大好きなんです!もう気づけば10年以上も続けています!ただ選手として活動するのは、腰痛の影響でもうきついかなって思っていて、大学もなんらかの形で、サッカーに携わりたいなと考えていました!

そこでたどり着いたのが、審判です!いま私が所属している東京学芸大学蹴球部というところは、審判がすごく有名でプロの審判を何人も輩出しています!もちろんやっているサッカーのレベルも高く、昨年はプロを3人出すほどの名門です。

そんなレベルの高いところで、刺激を受けながらサッカーに携わりたいと思ったのも志望校を決めた要因の1つです!

 

 

いかがでしたでしょうか?

この2点に共通しているのは”高いレベル”ということです。

「夢は大きく、目標は高く」

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです!

 

↓全国統一高校生テストのお申込みはこちらから

共通テスト対応模試・全国統一高校生テスト