正しい努力をしよう | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2013年 7月 12日 正しい努力をしよう

こんにちは
川口校担任助手藤縄です。
今週は渡辺先生(東進英語講師)の名言紹介という事で
僕の好きな渡辺先生の名言を紹介します。
僕が今回紹介するのは名言というより心に響いた話です。
その話は「砂時計」の話です
みなさん砂時計を知っていますか?

↑こんなやつです!
渡辺先生はこの砂時計のように勉強しろと言っていました。
どういうことかというと
砂時計はずっと変わらずに砂を下に落とし続けます。
もし、無理にたくさん砂を落とそうとすると時計は壊れてしまいます。
毎回ずっと変わらずに砂を落とし続けることによって
どんどん砂は積もっていきます。
受験勉強も同じだと渡辺先生はいっていました。
 
やりたいことがたくさんあっても
1日は24時間なので出来ることが限られています。
 
もし無理に勉強しようとすると体が壊れてしまいます。
そのため自分の1日勉強出来る限界を知り、
その限界の勉強量で最大限努力することが大切だと
もちろん、最初は自分の勉強量の限界が分からないと思うので
 
どんどん勉強していいと思います。
 
そして、自分の限界の勉強量が分かったら
その勉強量でどれだけ効率良く勉強出来るか考える
頑張ることと無理をすることは違うと思います!
 
みなさんも砂時計のように
どんどん勉強を積み上げていこう!