法政大学国際文化学部紹介 | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2012年 9月 17日 法政大学国際文化学部紹介

こんにちわ!川口校の野澤です。本日のHP更新では、私が通っている、法政大学国際文化学部の紹介をさせていただきます。

国際文化学部は市ヶ谷キャンパスにある1999年に設立された学部です。私がこの学部に惹かれたところは・・・学部生全員が留学にいくことができるという、SAプログラムがあるからです!!!

他の大学の国際系の学部だと、TOEFLの点数や、成績優秀者でないと、留学プログラムに参加できないと、聞いていたので、留学が必修のこの学部は非常に興味深いものでした。

SAプログラムで行ける国は、英語圏だと、アメリカイギリスカナダオーストラリア。第二外国語圏だと、スイスフランスロシア中国スペイン韓国です。この中から、自分で選択し、留学に行きます。国によって、ホームスティであるか、であるかが違うので、学部生は自分の好みにあった留学先を決めることができます。

私が選んだ、イギリスのリーズ大学は期間が5ヶ月間で、寮で自炊です。寮はフラットメイト制度が使われているため、他国の留学生数人と共同リビング、共同キッチンで生活します。(もちろん部屋は一人部屋)

私の学部の学部長が言う、国際文化学部とは『文化から世界を学ぶ学部。文化は人それぞれ違う。それは同じ日本人だとしても、育った家庭、場所が違うのであれば文化は異なる。そんな違う文化をもつ人々が留学などを通し、感じた文化を発信していく』そんな学部です。

留学に興味のあるみなさんは、ぜひ法政大学の国際文化学部を調べてみてください。