部活動と受験で学んだこと | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2013年 6月 18日 部活動と受験で学んだこと

 

こんにちは!本日の更新は私、野澤宏貴が行います!宜しくお願いします。

 

テーマは『高校生活で頑張った事、そしてそこから学んだ事』です。私が高校生活で頑張ったことは部活動と受験です。

 

私は、川口北高校のサッカー部に所属し、国立の埼玉大学を志望していました。

引退は10月17日5教科7科目で周りのライバルたちは夏には部活を引退している。

そのような状況の中、焦りを感じながら生活をしていました。

 

センター試験後に志望校を変え、第2志望の法政大学国際文化学部に受かる事が出来たのは、2つの教訓があったからだと思います。

 

1つ目は、『素直さ』。

私は、担任、担任助手や尊敬する先輩からのアドバイスを聞いたら迷わず試していました。

サッカー部でも、先生や先輩、仲間の意見には耳を傾ける。

担任助手の方が薦めてくれた参考書や方法は必ず盗み、得点を大きく伸ばすことが出来ました。

これからも同じように、人からたくさんのことを盗みたいです。

 

2つ目は、『負けず嫌いになること』。

負けを認めたら、足が止まる。

時間がないから無理だ、と言い訳をすることは絶対にしたくなかった。

サッカー部でも、ポジション争いに勝つために朝毎日練習に行く。

勉強もみんなが寝ている夜、お風呂の中、通学時間、出来るところだったら、どこでもした。

まずは自分に負けない!

ライバルを大切に!

 

部活動と受験は良く似いると思います!

大会やコンクールに向けて、それを成功させるためにみんな準備する。

本番に最高のパフォーマンスを出すために全力を尽くす!

 

今の自分から見ても、部活と受験に苦しんでた頃の自分は一番輝いてる。

みなさんも、一生の教訓を受験勉強や学校生活で得られるように頑張ってください!!!