高校で培った力! | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2013年 8月 24日 高校で培った力!

皆さんこんにちは、担任助手の河原です。昨日の全国高校野球選手権大会では初出場の前橋育英高校が優勝し、熱い戦いを繰り広げていました。私もテレビで見ていて胸が熱くなりました。そして今回、私は高校野球を通じて得た2つのことを紹介したいと思います。1つ目は継続すること、2つ目は人とのつながりです

私は結果を出すためには継続が最も大事であり、難しいものだと野球を通じて思いました。結果が出ないときでも自分を信じて素振りを続けられるか、つらく厳しい冬の練習でも手を抜かずに高いモチベーションで自分を追い込められるか、野球の練習では己を試されるときが日常的にありました。  私は自分に向き合い続けた日々があったからこそ大学受験を乗り越えることができたと思います。

私が人とのつながりが大事だと思うのは野球を行うに当たって数えきれない人と出会ったからです。コーチ・監督・対戦した相手チームの選手・そしてもちろんチームメイト・・・挙げればきりがありません。多くの指導者に教えてもらったからこそいい加減にしてはならないと思っています。また、負けられないと思える仲間がいたからこそ努力を継続できました。そしてこれからもしていきます!

 以上の2つが高校野球を通じて得たものです。だから今高校生の皆さんには、一所懸命取り組める環境を自分で作り出してほしいと思います。それは部活でなくても学校の行事であったり、勉強であったり、遊びであったりすると思います。

 そして夏休みも残り1週間!夏休みの努力を実らせるのもこれからの努力次第、 ここからが一番伸びるとき、がんばれ受験生!