8つの『賢い』  ~ニュアンス~ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2013年 3月 6日 8つの『賢い』  ~ニュアンス~

こんにちは、西澤です。

「君は、とっても賢いね」と言っても、その“賢い”に含まれるニュアンスは様々です。

例えば、上の8つの絵は、英語で使われる“賢い”の語感と起源を表した絵になっています。

clever: 速さ

smart: 格好良さ

sharp: キレがある

というように、使い方が違うのです。使い分けができるくらいに英語ができたらイイですね!

実は、この話は、『一億人の英文法』という東進ブックスからでている大西先生の著書です。

英語の考え方が変わる非常にオススメの一冊です!

今後も機会があったら内容の紹介などをしていきますね♪