いま頑張っている受験生へ〜徐編〜 | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 1月 24日 いま頑張っている受験生へ〜徐編〜

皆さんこんにちは。担任助手の徐です。大学の定期試験も山場を迎え、迫り来る落単の足音にビクビクしながら勉強をしています。さて今回は受験生の皆さんに向けて、応援メッセージを送りたいと思います(2回目ですね)。

先週、皆さんは共通テストを受験したと思います。おつかれさまでした。その後、自己採点や各予備校の志望校判定をみて、悲喜こもごもだとは思います。共通テストがよかったからといって浮かれてはいませんか?逆に共通テストが悪かったからといって沈んではいませんか?もちろん、人間ですからそのような感情を抱くのは当たり前です。しかし、共通テストから1週間もたってまだ引きずっている(良い意味でも悪い意味でも)のはちょっと切り替えができていないのかなと思わざるを得ません。

共通テストがよかったからといって、志望校の合格が無条件で得られるわけではありません(共通テスト利用型を除く)。基本的には第一志望校の合格は個別試験ないし2次試験で勝ち取るものと思います。ということは切り替えて勉強したほうが良くないですか?という話になります。いつまでも共通テストの話とか、判定の話をしている人を見かけたら温かい目で見てあげましょう。少なくともその人よりも真摯にこれからの受験に向き合っているわけですから、受験の神様は見てくれているはずです。

実際、自分のセンター試験はあまり振るいませんでした。出願者の平均ぐらいでした(ということは合格者の中では下の方だ、ということです)。センターの点数で2次試験の合格が決まっていたらおそらく私は落ちていたでしょう。友人にはセンターで大成功していた人もいましたが、そいつを見返してやろうと火がつきました。結果、2次試験でそれなりに誇れる点数をとり、無事に合格できました。

話が逸れてしまいましたね。大事なことは「共通テストは1回忘れろ」ということです。皆さんがどれだけ努力をしているかは言うまでもありません。多分私よりも努力しているはずです。自分自身を見失わないようにして、最後まで最高の努力を続けてください。それが大きな実となるはずです。きっと大丈夫。応援しています。