ブログ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ 

2019年 6月 18日 受験期を振り返って…vol.15

こんにちは!1年担任助手の岡本です!

今回のテーマは【受験期を振り返って】ということで

良かった点・悪かった点を振り返っていきます!

 

良かった点

集中力がついた⇒毎日15時間勉強を夏の目標にしたことで見違えるほど勉強量が増えました!数十分のタイムマネジメントで教科ごとで偏りが出ないよう気を配ることもできました!

周りに相談相手がいた⇒学校の同級生も勿論、東進のグループミーティングの仲間・担任助手の先生とはよく相談し合っていました。直前期になるほどメンタル面のサポートも必要なので、大変助かりました!

第一志望がブレなかった⇒直前期に思ったより成績が伸びなくても、俺は絶対に行きたい!という気持ちを滾らせるようにしていました。個人的にこれが受験期で一番誇れることですね。今となっては後悔なくやりきることが出来たのかなーと思います。

 

悪かった点

始めるのが遅すぎた⇒部活を言い訳にはしたくないのですが、本格的に受験勉強を始めたのは高3の1学期からでした。自分の第一志望大学に合格した人たちと比べても圧倒的に勉強の絶対量は少なかったはずです。この時期にもう少し危機感を抱くべきでした。

すぐ他の参考書に移りがちだった⇒特に演習系の参考書は解きっぱなしにしちゃっていて、時間が経ってから再度解き直すことなく他のものに手を出していたので、費用対効果を考えても適切な勉強法とは言えなかったですね。

健康管理が徹底できていなかった⇒意欲と勉強量があってもコンディションが伴っていないと今までの努力も水の泡です。センター試験が終わった2日後からインフルエンザに罹患してしまい、二次試験対策の切り替えが遅れてしまいました。

 

パッと思い浮かぶのはこのくらいですかね。教科ごとの反省は人それぞれだと思うので、勉強全般に絞って挙げてみました。

受験が間近になってから焦っても合格を勝ち取ることは厳しいです。

かといって、自分が至らなかった過去について憂いても現状が変わるわけではありません。

英語科の渡辺勝彦先生曰く「今日を本気になれない者に明日はない」ですよね!

合格を見据えたときに今できることは、まさに”今日を全力でやりきること”ではないでしょうか?

全統が終わり中だるみになりがちな6月ですが、勝負の夏はすぐ来ます。

ここで自分のギアをもう一つ上げていきましょう!!

 

2019年 6月 17日 受験期を振り返って…vol.14

皆さんこんにちは!! 担任助手の佐久間です。

今回は、受験期に気をつけていたことについてお伝えしたいと思います。

私の受験期は、勿論毎日勉強漬けでした。他のことはあまり考えずにひたすら勉強してたのを覚えています。ただ、そんな中でも一番気を付けていたことがあります。

それは、体調管理です。いくら志望大学に合格できるだけの実力を持っていても、試験当日に体調を崩してしまったら元も子もありません。そうならないためにも、自身の体調面にも気を回さなければいけません。

夏休みまであと1ヶ月ほどです。生活習慣が崩れやすい長期休みにおいてもいかに体調を維持し、万全の状態で勉強できるかが重要となってきます。皆さんも体調面に気をつけながら、最高のコンデションで受験勉強に臨みましょう!!

 

 

2019年 6月 14日 受験期を振り返って…vol.13

こんにちは! 最近湿気が多いので、髪がすぐにはねてしまう担任助手の瀬田です!

今回は、私の受験期について書こうと思います。

私が東進ハイスクールに入塾したのは高3の春休みですが、本格的に受験勉強を始めたのは硬式テニス部を引退した5月からでした。そのときから、さあ頑張るぞと気合いを入れて毎日登校して黙々と勉強を続けていましたが、その努力に反比例して私の模試の成績は、まで右肩下がりでした。4月に受けた模試から下がり続けたのです。

 

ちゃんと勉強しているのに、なぜどんどん成績が下がっていくのか。間違った勉強法で間違った方向に、間違った努力をしているのではないか。何度もそう考えてひとりで泣いたりもしていましたが、だからといって勉強をしなかったり、勉強時間を減らしたりする日は1日もありませんでした。そして冬頃、急激に成績が伸びました。ようやくまわりに追いつくことができたのです。

 

自分を信じて勉強してください。思うように成績が伸びなくなってしまったら、それは勉強の量や質、もしくはやる気のいずれか、あるいはすべてが欠けているのかもしれません。受験本番まではまだ時間があります。自身をもって本番を迎えられるように、今のうちからコツコツと勉強していきましょう!

2019年 6月 13日 受験期を振り返って…vol12

こんにちは!担任助手の福田です。

今日は受験期について少しお話します。

自分は水泳部に所属していて6月の末まで続けており、部活と勉強の両立が難しく成績が伸び悩んでいました。しかし、部活で培った体力と精神力を活かして夏休みに死ぬ気で勉強をし、何とか成績を伸ばすことができました!

受験勉強の総時間の半分近くは、夏休みでの勉強時間とよく言われています。自分と似たような状況の人もかなり多いと思います。今苦労していると思いますが夏休みに向けて今から頑張りましょう!!

 

 

2019年 6月 12日 受験を振り返って…vol.11

こんにちは!担任助手2年の鈴木です!

皆さん全国統一高校生テストお疲れ様でした。

復習は必ず行い、これからの勉強に活かしましょう!

本日のテーマである自分の受験期を振り返って…

わたしのこのブログによって、皆さんの受験期は、悔いのないものにしてほしいと思います。

それでは、私の後悔していることは、

 

 

・量をこなすことだけが目的になっていた

・模試の後に振り返りはしてもそのあとの行動に結びつかなかった

・すぐに結果を求めすぎた

・好きな科目ばかりやっていた

・苦手な科目から逃げていた

・マイナス思考になっていた

・大問別演習を有効活用できなかった

・校舎に来ていることに満足していた

・塾でしか集中して勉強していなかった

・向上得点が上がることに満足して、身になっていなかった

・過去問を解くだけになっていた

・本番で緊張しすぎてしまった

・健康管理をしっかりできなかった

 

 

このように私の受験期は、とても充実したものでしたが、後悔したことはたくさんありました。

しかし、このような経験のおかげで今の大学生活で努力できているので、良い思い出だったと思っています。

 

「自分は、こんなに校舎に来ているのに何で上がらないんだろう…」

「点数がなかなか上がらない…」

 

こう思っている人はいませんか?

 

そのような人たちには

『 P (Plan) D (Do) C (Check) A(Act) 』

を実行する事をお勧めします。

 

自分を客観的に見たうえで、解決策を見つけることが自分の学力を上げるうえで肝になっていきます。

騙されたと思って何か月間か1週間ごとにPDCAを回してみてください。

物事を客観的に見ることは、社会人になっても必要とされます。

 

自分に甘えず、限界を作らず、自分を大好きになって自分とじっくり見つめあってください(^^)

一緒にがんばりましょう!!