おすすめの参考書 ~松山編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 9月 24日 おすすめの参考書 ~松山編~

こんにちは!担任助手2年の松山です。世間は今日から3連休ですね。そこに容赦なく襲い掛かる台風15号。どうやら楽しんでいる皆さんの仲間に入れてもらいたいみたいですね(笑)。いい迷惑だよ。

冗談はさておき、今回のテーマは、「おすすめの参考書を紹介する」というコーナーということで、私自身が受験期に使用していた参考書を、国語と世界史から1つずつ紹介します!

(注:今回は”私自身”のおすすめの参考書を紹介するので、東進ブックスの宣伝等は一切いたしません。ご了承ください。)

まず、私が紹介するのは半日で読む源氏物語です!

源氏物語といえば世界最古の長編小説として世界中で読まれ、愛されている作品ですが、一方で、多くの受験生を苦しませてきました。というのも、源氏物語は主語の省略が多く、敬語の対象を読み取りにくいため、初見の状態だとその内容を読み取るのが非常に難しくなります。そこでこの本の出番です。

元東進ハイスクール講師の吉野敬介先生が、源氏物語の内容を分かりやすい言葉で説明してくれているので、源氏物語の大まかな話はだいたいこれで理解できます。通学時間や休み時間でサクサク読めるので、勉強の息抜きとしても活用してください!また、平安時代の恋愛事情などの時代背景もわかるので、他の物語を読む際に役に立ちました!

続いて、世界史からは、

書き込み式教科書詳説世界史-世界史B

を紹介します!

一見普通の山川の教科書にも見えますが、本来太字で記されている文字が空欄になっています。また、空欄になっている箇所以外は教科書と全く同じなので、流れと用語を一度に覚えることが出来ます!論述問題が出題される国公立にも、細かい知識が要求される私大にも対応でき、また、時間もかからないので、通史をおさらいしたり、重要な用語を確認したりするときに特におすすめしたい1冊です!

他にもお勧めしたい参考書はありますが、私から言うことは1つです!

徹底的にやり込んでください!!!

受験でも、実生活でも、一途な方が良いですよ!(笑)

それでは今回はここまでです。次回もお楽しみに!

(このブログは本来、9月23日に投稿予定のものですが、なぜか24日投稿になっています。これから大学生になる聡い皆さんなら、野暮な質問はせずに察してくれると信じております。申し訳ございませんでした。)