入試本番エピソード~小林柾編~ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 1月 1日 入試本番エピソード~小林柾編~

みなさん、あけましておめでとうございます!

今年も1年、皆さんにとって実りの多い年になりますように。

さて、年もあけ、共通テストまで残り2週間となってきました!

今日は自分の受験エピソードを書いていこうと思います。最後まで読んでくれるとうれしいです笑

 

まず、共通テスト本番(自分の時はセンター試験でした)は非常に緊張したのを覚えています。

受験会場が東京大学の本郷キャンパスでした。まずそこでビビりますよね笑

自分が志していた大学のキャンパスでセンター試験を受けるのはなんとも言えない感覚でした。

実際にセンター試験前に下見にもいきましたが、やはり東大の空気感はすごい。。。

なんともいえない厳かな空気が漂っており、若干18歳の小林は

『こんなところで試験を受けないといけないのか』

と内心びくびくでした。

 

迎えた試験当日。前日は緊張で寝れることもなく、5時間睡眠で試験を受けに行きました。(いつもは7時間睡眠)

マップを片手に、駅から歩き、大手塾の応援の方々からカイロを受け取り。

高校の先生も応援に駆け付けてくれていたのを覚えてます(笑)

 

センター試験は座席が名前順になっていたので、すぐ後ろが同じ高校の小林君でした。近くに同じ高校の子がいるのは非常に心強かった。笑

 

高校の友達がいるのは非常に心強いですが、すべてがいいとも限りません。

高校の友達で固まるとどうしても試験の話をしてしまいます、自己採点は絶対しないように!試験の話も絶対しないように!と言われたのにもかかわらず、

友達と話していく中で少しずつ自己採点を始めてしまうのです。

実際自分も1日目の夜に国語を自己採点してしまい、親にちょっと呆れられました。笑

 

今はネタとして話せていますが、受験当時は中々にやばいことをしていましたし、周りには呆れられていました。

 

ここまで色々話してきましたが、受験というのはあっという間に終わってしまいます。

今ではこんな感じで話せている内容も、当時はあっというまでした。それぐらい受験というのは時間がすぐすぎていきます。1分1秒を大切にして勉強してください。

 

受験をネタにするのではなく、成功体験として伝えられるように最後まで頑張ってください。