入試本番エピソード~岡本編~ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2020年 12月 30日 入試本番エピソード~岡本編~

こんにちは!岡本です!

今年も明日で終わりですねー。12月も師走の如くあっという間でした…。コロナ禍に見舞われた1年でしたが、人の繋がりを一層強く感じた1年でもありました。皆さんはどのような1年だったでしょうか…?

 

さて、今回のテーマは「入試本番のエピソード」ですね。既に他のスタッフがトラブルやアクシデントなどを載せてくれているので要チェックです!岡本の場合はありきたりですが3つお伝えしようかと思います。

 

①写真を貼ったはずなのに…

センター試験1日目のことです。会場は自分の高校ということもあり、他生徒よりかは緊張は少なかったのですが、開門の際に受験票をチェックすると、貼ったはずの顔写真が無くなっていました…!

もしかして俺受けられないのかも」とかなり焦りましたが、よく確認すると貼り付けが弱かったようで、リュックの同じ場所にしまっていたファイルから見つかりました。会場ではのり付け部隊がおり、大変お世話になりました。些細なことですが一気にペースを乱されたので、剥がれないかどうか念入りに確認し、書類等も書き損じが無いようチェックしましょう!

 

②体調管理は最優先

2日間のセンター試験を終えてホッと一息ついた翌日、倦怠感を感じ熱を計ると39℃の熱が…。実は弟がセンター試験1日目にインフルエンザに罹患しており、当日は免れたものの僕にインフルがうつっていたんですねー。

周りが第一志望校対策に切り替えて猛烈に勉強しているはずなのに、自分は結局5日間も床に臥すことになりました。最後の詰めが消化不良になってしまったのは今でも少し悔いが残っています。今回のケースはしょうがないようにも思えますが、勉強のやりすぎで体に負担を掛け過ぎてしまえば元も子もないですよね!体調管理を第一に。

 

③試験時間に間に合わない…?

国立大の試験本番1日目。余裕をもって着こうと朝7時に起きたら、JR中央線が全線ストップのニュースが。線路内で停電が発生し、結局その日は午前中は各社運転見合わせが相次ぎ、30万人近くの人に影響があったそうです。

急いで大学に向かうも、電車が1時間近く来なくて焦りでいっぱいでしたが、すでに大学に着いていた友達が「1時間試験を繰り下げるって!」と教えてくれて一安心。試験には間に合うことができました!余裕をもって試験に臨むのが一番ですが、何かトラブルを抱えていたら冷静に対処するのが一番…と身をもって体験しました。

 

 

僕の本番エピソードはこんな感じですね。あとは初陣の試験は予想の10倍以上緊張したりとか、慣れないものに関しては甘く見積もっていました。怯える必要はないですが、備えあれば患いなしです!

 

低学年の生徒に関しても備えあれば患いなしです!受験生が初めて受ける共通テストの問題を、同じ日に会場試験で受けられる貴重な機会がありますよー!下のバナーから申し込めるので、ぜひぜひ受けてみてくださいね!