共通テスト演習の活用法~世界史編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 6月 15日 共通テスト演習の活用法~世界史編~

こんにちは♪担任助手の田村柚子香です。


6月12日に全国統一高校生テストがありましたね。お疲れ様でした。自己採点や復習も終わった頃かな~と思いますが、皆さんどうでしょうか⁉終わっていなければお早めに!!結果が良かったとしても悪かったとしても、復習を重ねることが志望校合格への第一歩です。是非是非模試の復習は必ず行うようにしましょう!!
さて、今回私は世界史の共通テスト演習の活用法について話していこうと思います!!
私は世界史を勉強し始めるのが遅く、この時期の模試は勘に頼ることが多かったです(笑)おかげで7月の模試で偏差値が50以下を出してしまい、相当焦っていたのを覚えています。ですが、夏休みに世界史に多くの時間を費やし、無事志望校に合格できた!という感じです。そんな私が言いたいことは、そもそも、社会科目に得手不得手はないということです。社会科目は繰り返すこと、演習量がものを言います。
・苦手な範囲をただひたすら繰り返す
・演習で間違えた問題をノートに書いて、2度と間違えないようにする
共通テスト演習の時、私はこの2点を心がけていました。特に2点目は本当にお勧めです!模試当日や試験本番前って「どこの範囲を勉強すればいいんだろう…」と迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。そこでこのノートを作っておけば安心です♪♪自分だけのとっておきのノートがきっとあなたを助けてくれることでしょう!!

いかがでしたでしょうか。これはあくまでも私にあっていたやり方に過ぎないので皆さんにはいろいろな方法を試してぴったりの勉強を見つけ、自分の実力を高めていってほしいです。応援しています!