単元ジャンル演習の活用法〜佐々木編〜 | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 9月 6日 単元ジャンル演習の活用法〜佐々木編〜

みなさん、こんにちは!大会まで残り20日を切った佐々木です。

今回のテーマは「単元ジャンル演習の活用法」とのことですが、今月入ってもう3人の担任助手が活用法を書いてますね…

ということで、(テーマを無視して)私が受験期のこの時期に単ジャンと同じくらい重要視していたこと「過去問演習」

について少し話しましょう!

ちなみにみなさん、夏休みで第一志望校の過去問演習10年分終わっていますか?

(私の受験期では、夏休みを残り1週残して、東大の過去問演習を11年分終えていました。)

過去問5年分が終わってなくて単ジャンができないよって人、まずは5年分終えましょう!

過去問が5年分は終わっていて単ジャンができるよって人、単ジャンだけをやるのではなく、9月中に過去問10年分達成を目指しましょう!

敵をより深く知ることで、単ジャンの効果も上がるはずです!

第一志望の過去問が10年分終わっているという人、併願校の過去問または、第一志望校の過去問2週目を始めましょう!

特に第一志望校の2週目は大事です。1度解いた問題を解き直すということで、その知識・解法がきちんと定着しているかをはかる事が可能です。

このように、9月は単ジャンの時期ではなく、「単ジャンと過去問」の時期です!

1週間のスケジュールとしては、単ジャンを平日5日間でやり、過去問を土日でやる、というものが良いのではないでしょうか?

繰り返しになりますが、9月は過去問も大事です!

夏に終わらなかった人も終わった人も、巻き返し・2週目の過去問を頑張っていきましょう!