単元ジャンル演習の活用法 ~鈴木編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 9月 4日 単元ジャンル演習の活用法 ~鈴木編~

こんにちは!!担任助手の鈴木叶大です!!夏休みも終わり、いよいよ2学期ですね。自分の夏の思い出はディズニーに行ったことです。初めてカチューシャ買っていきました笑。ソアリンも初めてで、感動しました!

さて、2学期も始まったということで、本題に入っていきましょう。今回は題名にもあるように、単元ジャンル演習の活用法について話させていただきます。

自分は次のことを意識してました

①ひたすら問題演習

➁解いたら復習

➂1,2週間後にもう一度間違えた問題を解く

一つずつ深堀していきましょう

①はとにかく問題をたくさんときましょう。インプット以上にアウトプットした方が身につきやすいです。また、自分は問題を選ぶ際には自分の志望校より上の大学の問題を選ぶようにしていました。難しい問題を解いとくと、高いレベルに慣れるので、問題を解く上での視野が広がり、気づいたら自分の志望校付近までレベルが上がっていることが多かったです。

次に➁について。復習することで、どのような経緯でこの解法を使うのかということが理解でき、次につながるので必ず復習しましょう。また間違えた原因もしっかり確認しましょう

最後に➂。よく言われている「いろんな参考書に手を出す人は落ちる」というところにつながってくると思いますが、解いて間違えて復習して終わりだったら、アウトプットせず、インプットして終わりということになるので、いわゆる「わかった気になっている状態」になります。だから、できるようになるまで何回も解きなおしていきましょう~!

 

大変ではありますが、その先にはそれ以上の喜びや達成感も待っていると思うので、乗り切りましょう!!