単元ジャンル演習の活用法~新島編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 8月 18日 単元ジャンル演習の活用法~新島編~

みなさんこんにちは!

夏休みも残り2週間を切ってしまいましたが、自分にとって一生の記憶に残る夏休みをお過ごしできていますでしょうか?

受験生はもちろん、高1・2年生にとっても夏休みどう過ごすか大切です!

昨日の自分を少しでも超えられるように勉強に取り組んでいくと自然と自分の天井も上がっていきますよ🔥

 

さて、今回は夏休み以降、受験生の皆さんが取り組む単元ジャンル演習の活用法についてお話させていただきます。

ブログを読んでくださっている皆さんは、単元ジャンル演習がどのようなものなのかすでにご存じの方も多いと思われますが、単元ジャンル演習は東進ならではの素晴らしいコンテンツとなっています!

夏休みに問いた過去問の結果からAIが苦手を判別し、自分に必要な問題を出題してくれるので、夏休み中に共通テスト・二次私大の過去問10年分をしっかり終わらせることで出題される問題のレベルも正確になります♪

私は単元ジャンル演習を通して日本史を強化することが出来ました!

以下の3点は私が単元ジャンル演習を取り組んでみて特に良かったと思った点です!

①二次・私大の問題に慣れることができる

共通テストとは違い、やはり私大の問題は細かく聞いてくる問題が多いため、私も初めは悲鳴を上げていましたが単元ジャンル演習のおかげで、だんだんと慣れてきて抵抗感もなくなっていきました🌸

②単元ごとに出やすい問題が分かるようになってくる

単元ごとにいろいろな大学の問題を解いていくので、同じ用語が何度も出てくることもあり、どの用語が大事で、出やすいのかがだんだんと分かるようになっていきます!

参考書等ではなかなかこのような対策はできないので周りと差をつけることができるチャンスですね🌟

③解説動画が分かりやすく苦手を克服できる

難しくて全然解けなかったときには、出題された範囲に対応した授業動画がでてくるので、復習がしやすく自分の苦手を克服することができます!

ただ量をこなすだけでなく、授業動画をみて理解をさらに深めることができるのでおすすめポイントです🌸

 

というわけで今回は単元ジャンル演習についてお話させていただきました。

夏休み中に過去問10年分達成に向けて残り2週間も本気で受験勉強頑張っていきましょう🔥

 

共通テスト本番レベル模試まであと3日!

今まで部活を頑張ってきた受験生も引退して勉強量も努力量も上がってきています。

夏休みの成果を十分に出せるよう全力で取り組んでいきましょう!!