大学・学部紹介&大学生活を振り返って~小川編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 2月 4日 大学・学部紹介&大学生活を振り返って~小川編~

皆さんこんにちは!大学の授業も終わり暇なので新しいアニメでも見ようかなと思っています。

さて今回のテーマは自分が通っている大学、学部紹介と大学の一年間で学んだことを話したいと思います。

上にもありますが、私は

早稲田大学文学部文学科

です。

僕が属している文学部は戸山キャンパスにあり、大隈講堂がある早稲田キャンパスのすぐ近くです。最寄りはいくつかあるのですが、早稲田駅と高田馬場駅を僕は良く使います。

駅前や大学の周りは、やはり学生街ということもあり、多くの学生がいます。特に高田馬場駅のロータリーは良い意味でも悪い意味でもにぎわっています。

僕の通っている文学部ですが、「文化構想学部との違いってあるの?」と聞かれます。結論から言うと、

ほとんど変わりません!

特に一年生の頃は取れる授業もほとんど一緒ですし、選択第二外国語の授業など必修科目以外のほとんどの授業は文学部と文化構想学部の生徒が混じっています。キャンパスも一緒なので文学部だと思っていた友達が文化構想学部だったなんてことはよくあります。

違ってくるのは二年次からで、以前紹介した文学部にある17コースと同様に文化構想学部にもコースがあります。この二年次からのコースが文学部と文化構想学部とでは違ってきます。

では、学部紹介はこのあたりにしておいて大学生活で学んだことについてお話しします。

それは勉強するもしないも自分次第ということです。

大学生になっても高校と同じように授業や課題はあります。ですが授業を受けなくても、課題をやらなくてもあまり怒られません。やらなかったら自分が単位を落として困るだけで、教授たちがやるように催促することは少ないです。

ですが逆に、とことん勉強しようと思えばどこまでも深く学ぶことができます。そして英語、数学、社会のような今まで勉強してきたいわゆる科目だけではなく心理学や哲学、美術など趣味のようなものまで大学では勉強の対象になります。本当に自分が学びたいというものが学べます。そして自分が好きなことを学ぶ上で大学はとても良い環境を提供してくれます。大学生であるということを活かすか殺すかも自分次第です。

こんな偉そうにいってる僕も勉強したかと言われると自信ないですけどね。勉強だけが学生の魅力ではないですからね。バイトして稼いだ自分のお金で新しい友達と遊ぶのも学生の醍醐味ですよ。