学部紹介~東京薬科大学 薬学部編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 6月 9日 学部紹介~東京薬科大学 薬学部編~

みなさんこんにちは!担任助手2年の山中です!

前回のブログからご無沙汰していましたが、その間に大学も担任助手も本格的に2年生になったなと感じます。

去年の今頃は、オンライン授業しかなく、実習以外は大学に登校していませんでしたが、今年は対面授業と実習の日が増え週3回くらいは登校しています。

去年待ちわびていたキャンパスライフですが、実際行き始めると楽しいですが疲れますね(笑)

 

さて、今回のテーマは学部紹介ということで、私が通っている東京薬科大学(通称、東薬)の薬学部について紹介していきます!!

まずは、簡単に東薬についての紹介していきます。

学部:薬学部、生命科学部

場所:東京都八王子市

最寄り駅:豊田駅(中央線)、京王堀之内駅(京王線相模原線)、平山城址公園駅(京王線)

 

次に東薬の特徴、他の薬学部と違うところを2点紹介していきます。

 

1点目:4年次に分科する

東薬では入学時は学部までしか決まっていません。3年までは薬についての基礎を学び、4年に進級する時点で希望の学科に進みます。各自が興味を持った分野に重点を置きなが学習し、自身の理想の薬剤師を目指すことができます。

学科は以下の3つで、それぞれのキャッチフレーズ共に紹介します。

医療薬学科→臨床で活躍する薬剤師を目指す

医療薬物薬学科→創薬科学に貢献できる人材を目指す

医療衛生薬学科→多様な医療知識を身につけた薬剤師を目指す

と言われてもよくわかりませんね(笑)簡単に言うと上から、患者さんと接するプロ、薬知識のプロ、オールラウンダーみたいなイメージを持ってもらえれば良いかと思います。自分の目指したい薬剤師像を追いかけられることは良いことですよね!

 

2点目:男子部と女子部に別れている

東薬では入試の段階から男子と女子で区別されています。テストは同じですが、男子と女子で それぞれ定員があるので、戦う相手は同性だけになります。(女子の方がレベル高い)なので、入学比率は完全に1:1になります。必修授業は男女別、選択授業やサークルなどは混合で行っています。

 

以上で東京薬科大学薬学部についての紹介を終わりにしたいと思います。東薬について知りたい人や薬学部について知りたいことがある人は遠慮なく聞きに来てください!

全スタッフが自分の学部を紹介しているので、是非参考にしてみてください!

そして、自分の行きたい大学、学部に行けるよう全力で頑張りましょう!!

 

全国統一高校生テストまであと4日!