新年の抱負~浅香編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 1月 15日 新年の抱負~浅香編~

みなさんこんにちは!! 川口校担任助手の浅香です。

ついに明日から大学入学共通テスト本番が始まりますね。受験生でもないのに緊張しています。

すでに受験を終えている自分ですらこれほど緊張するのですから、当人である受験生のみなさんはもっと緊張していることでしょう。

もしくはまだ実感が湧かず、当日になって緊張するタイプの人もいるかもしれません。自分が受験生の時はまさにこのタイプでした。

緊張することは、必ずしも悪いことではありません。緊張を感じているということは、自分が今まで頑張ってきたことを裏付ける大切な証拠になります。自信をもって会場に向かってください。

緊張して、いつものパフォーマンスを発揮できないんじゃないかと考えてしまい、眠れない人。おそらくいるでしょう。

「Aライン得点を取らなくてはいけない」

「絶対に失敗できない」

「受からなくてはいけない」

こう考えている方は、まずはその考えを改めましょう。自分で自分にプレッシャーを与えてしまって、本番で思うような力を発揮できないというのは救えません。今まで必死になって勉強してきたのは確かに望む大学に合格するためではありますが、自分は必死になって何かをやり遂げることができるんだということを確認する機会でもあります。

1年間や2年間たった一つの試験のために勉強してきたことなど今まで他にないでしょう。その長い期間培ったものすべてを出し切ることが目標であると考えてください。本番が待ち遠しくてたまらないはずです。あなたが身につけたことを存分に発揮して、それを全国のライバルたちに見せつけてやるんです。楽しくて武者震いがしてきたでしょう?

「自分の力を試したくてしょうがない」

「本番が楽しみでしょうがない」

こう思えたら、あなたはもう緊張を完全に味方につけ、本番で最高のパフォーマンスを発揮できるでしょう。会場でたくさん暴れてきてください。応援しています。

さて、話が急に変わりますが、「新年の抱負」を発表するのでしたね。

“進路を決定し、それに向かって積極的に行動する”

こんなところでしょうか。

昨年までは、自分が数年後には教師になっていることを疑っていませんでしたが、直近になって、教師ではない道もあるのかもしれないと思うようになってきました。大学院に進学するもよし、企業に就職するもよし、教員になるでもよしで、選択肢が急にあらわれたため、どうしていいかわからず足踏みしてしまった昨年でありました。

今年はそんな現状を変えるために行動していきたいと思います。まずはインターンでしょうか。研究室についてももっと調べる必要がありそうですね。

悩むようになって気づきましたが、まだ自分は何者にでもなれるんだと感じました。その分選択するのは大変ですが、一番自分がわくわくできるようなものを選びたいと思います。