東進の総括〜櫻井編〜 | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2020年 4月 18日 東進の総括〜櫻井編〜

皆さんこんにちは!担任助手の櫻井です。

私ごとではありますが、この4月をもちまして退職させていただくこととなりました。私と関わっていただいた皆様やそうでない皆様に至るまで多大なる感謝をしております。

ということで、今日は僕の東進生活を振り返りながら、東進ってこんな場所なのかというイメージを皆さんに持っていただけたらと思います!

 

1、とにかく人に恵まれました

東進では南浦和校と川口校で働かせていただきました。いろんな人にお会いしましたが、皆さんとにかく温かい!!本当に相手のことを考えて行動されている姿が印象的でしたし、僕はまだまだ甘いな、、と思って反省してました。

川口校では上級生として振る舞うことが多くありましたが、僕の未熟な点が多々あったのについてきてくれた後輩みんなには本当に感謝しています。みんながいなかったら本当に途中で辞めていたかもしれなかったです。

さらには近隣校舎の赤羽校・巣鴨校・池袋校・茗荷谷校・成増校・南浦和校の社員さんや既に卒業された先輩担任助手の方々にもたくさんお世話になりました。こんな生意気な大学生をかわいがって、いろんなことを教えてくださって感謝してもしきれません。また、僕が担任助手をやろうと決意したきっかけとなる先輩には特大の感謝を贈らせていただきます。

と、たくさんの人に支えられて過ごしてきました。そこには心が通ったコミュニケーションがあり、思いやりに溢れた温かいものだったと確信しております。

2、僕の限界値を押し上げてくれた環境

上記に述べたようにたくさんの方が僕に叱咤激励を下さいました。それに応えようと必死に努力して、応えられたかは分かりませんが、自分の中では後悔なくお仕事を終えました。

というのも、東進の環境は頑張ろうとしている人に対して全力で応援する環境なのです。これは担任助手も東進生も変わりません。僕が一人で頑張ろうとしてもできることはたかが知れています。しかし周りに仲間や愛すべき自分の担当生徒がいたから、応援してくれる人がいたから頑張ろうと思えたし、自分の限界を超えてやろうと燃えることができました。

受験生の時からお世話になってきましたが、常に自分の限界を超えるような刺激をくれました。生きてて滅多に巡り会うことのない環境だと思います。

 

と、まとまりのない文章になってしまいましたが、総じて言えるのは

温かい人たちと刺激的な環境で過ごした日々は紛れもなく僕の財産である

ということです。頼れる後輩たちにこれからを期待するとともに、僕自身もっともっと頑張らなければと決意しております。

それではまたどこかでお会いしましょう。

 

2020年4月

川口校 担任助手

櫻井 祐樹