長期休みの学習~山口編~ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2020年 5月 10日 長期休みの学習~山口編~

皆さんこんにちは!担任助手の山口です!

 

今回のテーマからブログのはじめに、書いた人の顔が見えるようになりました。

校舎に来ることができない分これで身近に感じてくれるとうれしいです。

 

 

 

さて、本題に入りますテーマは長期休みの学習」です!

緊急事態宣言の延長が決定した今、皆さんには例年の長期休みのような学習量が必要です。

そんな皆さんのために長期休みの学習についての紹介をしていきたいと思います!

 

 

 

 

①時間、やる量を決めてから取り掛かる

長期休みは一日中勉強ができるので一つ一つの学習が間延びしがちです。

僕も実際昨年の夏休みの前半は一日中の勉強に慣れておらず

一つの内容に時間をかけすぎてしまい、学習の進度がとても遅くなってしまいました。

しばらくして進度が遅くなっていることに気づき

毎日教科、参考書ごとに制限時間、目標学習量を決めてから勉強を始めることにしました。

そのおかげで勉強の進度がはやくなったことを実感できました。

 

 

 

②朝は演習、夜は暗記

これには個人差があると思いますが、参考に聞いてみてください。

僕は朝が苦手で朝は頭があまり働きませんでした。

そこで朝はまず現代文や英語の長文などの演習をして

頭を無理やり起こして勉強モードにしていました。

 

そして夜は暗記に良いと言われているので単語や熟語などの暗記物をやっていました。

このように自分なりのルーティーンを習慣づけられると長く続けることができるとおもいます。

 

 

ずっと家で勉強漬けでつらいと思いますがこの期間を一緒に乗り越えていきましょう!