高校時代の思い出〜徐編〜 | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 9月 17日 高校時代の思い出〜徐編〜

皆さんこんにちは。担任助手の徐です。

夏休みが終わり、学校は分散登校なりオンライン授業なりと大変ですがいかがお過ごしでしょうか?ちなみに東京大学の秋学期の方針はそろそろ発表されるそうです。

さて、今回は高校時代を振り返ってということで各学年から1つずつ振り返っていきたいと思います。

Episode 1 修学旅行

まずは修学旅行です。定番ですね。自分は中高一貫だったので(?)高1の時に修学旅行にいきました。訳がわからない。ちなみに中学ではいってません。本当に訳がわからない。ちなみにちなみに行先は京都・奈良でした。中学生でしょうか??本当に本当に訳がわからない。ただ、4泊5日だったことだけは評価したいと思います。

Episode 2 部活

自分は中1から吹奏楽部で打楽器をやっていました。自分の高校は(自称)進学校なので、部活は基本的に高2の文化祭(秋)で引退という形を取っていました。しかし、何を隠そうこのときの徐少年は社畜ならぬ部畜だったので引退後も毎週土曜日の合奏には参加していました。結局高2の3月にやる定期演奏会には参加するんだし、打楽器人手不足ならやるしかなくね?のマインドでした。流石に高3になった時には部活に参加することはありませんでしたが。マジで楽しかったです。これでも東大には受かりました。

Episode 3 最悪の誕生日

高3の時の記憶はほとんどありません。正直受験勉強に時間を費やし、遊びに行くことはなかったと思います(ストレス発散のヒトカラはしましたが)。受験のプレッシャーからか次第に狂ってくるクラスメイトを見るのが楽しかったです。休み時間にマヨネーズを発射していました。ということで誕生日についてのお話です。自分の誕生日は11月3日、文化の日なのですが、いつもは祝日なので何事もなくだらけているのですが、受験生の時は違いました。なんと誕生日が東大オープン(河合塾の冠模試)の2日目になっていたのです。ちなみに1日目は土曜日で、学校の午前授業のあと、友人ともんじゃを食べていたら試験に10分ほど遅刻しました。まあ1科目目は国語なのでそんなに問題ではなかったのですが。ということで秋の東大オープンは踏んだり蹴ったりな2日間でした。ちなみにA判定とったし、なんなら冊子掲載もしましたがね。皆さんもこれぐらい余裕のある学力をもって受験に臨んでもらいたいですね。

さて、振り返ってみるとなかなか楽しかった高校生活を送ったなと思います。現状のコロナ禍ではそこまで高校生らしい生活を送れていないかもしれませんが、逆にコロナ禍があけて悔いなく楽しめるように勉強の方も頑張っていきましょうね。

ではまた。