夏休みの失敗談 | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 8月 7日 夏休みの失敗談

こんにちは!担任助手の松山です。8月に入って1週間が経ちました。

早いものですね〜。もうみんなは夏休みに入ったかな?(^^) 

そういえば昨日はお好み焼き作りました!ひっくり返すのがすごい大変だった…(;o;)

さて、高校生の諸君!勉強は進んでいますか?(聞いてみただけw)

このブログを読んでくださっている皆さんは夏休みというものを一度は経験していると思います。

夏休み中にあれしとけばよかった、とか、もっとできたことあったな、みたいなこと、あるよね〜。

今回は、実際に私及び私の身の回りの人々の 夏休みの失敗談について、特に勉強面にスポットライトを当てて話していこうと思います♪

 

1、さまざまな問題集に手を出す

これは受験生に当てはまることだと思いますが、夏休みに入って「よし、勉強するぞ!」と宣言していきなり綿密な計画を立て始める人、いると思うんですよ。中には夏休みを期に参考書を買い漁る人も出てくる始末。無茶じゃない?というと何故か自信満々の表情なんですよね、そういう人って。あ、結果はどうなったかって?夏休み初日に予定通りやりきれなくて、受験本番までそれっきり受験勉強ほとんどしてませんでした。

2、難しい問題ばかりやる

これは早慶、旧帝大といったいわゆる最難関大学志望の人によくあることなんですけど、「志望校のレベルが高い自分=学力が高い」という錯覚におちいりがちなんですよね…。そういう人たちが難しい志望校を目指していることで悦に浸って数学の入試本番レベルの問題ばかりやってるんですよね、全然できてないけど(自分もその1人でした)。なんにせよ、出来もしない問題を解き続けるよりは、チ○ート式や、F○cus Goldの基礎的な問題を確認したほうが、よほど意味があると思います。

3、講習や補習を軽視する

夏休みに入って、学校の夏期講習や補習を受ける人が増えてきたのではないでしょうか?午前中は学校で講習、午後は塾の夏期講習、なんてハードスケジュールをこなしている方も中に入るかもしれません。ところで皆さん、受講した講習や補習の復習はしていますか?もし受けっぱなしにしていたら、今からでも間に合います、直ちに復習してください。特に受験期の講習は入試に直結する重要な分野を扱っています。そんな授業を復習せずにそのままにするなんて非常にもったいないですよ!

ここまで読んでくれた皆様、本当にありがとうございます!そして最後に一言、

こんなブログ読んでる暇があったら勉強しろ!

次回はのテーマは「夏休みの中だるみ防止」です!お楽しみに!