本番の休み時間のつかいかた~寺澤編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2023年 1月 7日 本番の休み時間のつかいかた~寺澤編~

あけましておめでとうございます!川口校担任助手1年の寺澤です!寒い日が続いていますが皆様体調は万全でしょうか?大学受験を悔いなく終わるためには

抜けのない準備体調を崩さないことが必要です。冬休みも終盤に差し掛かり学校が今日からという人も多いと思います。1日の疲れを次の日に持ち越さないためにも、十分な食事睡眠をとりましょう!めっちゃ大事です!

さて準備万端の健康体で臨んだ試験本番にも休み時間というものがあります。大学受験の問題はみなさんご存じの通り1時間以上の時間を要するものがほとんどです。集中力が途中で途切れないように休憩はしっかりとるのはとても重要です。

そこで今回自分からは

休み時間をどう使っていたか

についてお話ししたいと思います

①暖かいものをおなかに入れる

おなかが減っていては集中なんてできたものではありません。英語の長文を読んでいるときにご飯のことを思い浮かべては英文を読み進めるなんて不可能です。また本番も冷え込むことでしょうから暖かいものを持参することをお勧めします。                  自分はスープジャーに豚汁タンブラーにほうじ茶を入れて試験に臨みました。刺激的なものをおなかに入れると本番中におなかが痛くなってしまうかもしれないのでおなかに優しいほうじ茶がおすすめです。食べ物はおにぎりをすべての試験に持参していました。コンビニのおにぎりもいいですが、休み時間に食べる母親の手作りのおにぎりはしみます。好きな具材は鮭です。一番具材で出会う頻度が高かったのは昆布でした。

②次の時間の科目を見直す

試験本番ではなにが出題されるかはわかりません。だからこそ冒頭で準備が大事であると書かせていただいたのですが、

直前に見ていた部分がたまたま出題された

何てこともあります。休み時間におなかと心を温めたら次の科目の見直しをすることをお勧めします。

しかし!直前に何をすればいいのかわからないという人もいると思います!そんなときは今その科目で一番不安な場所を復習しましょう!これまで皆さんはたくさん問題を解いてその分多くの間違いをしてきたと思います。それらの間違いはほかの分野、問題と比べても間違いやすい遠みます、さからこそまだそこは直前でも伸びしろがあるんです!最後まで粘って粘って粘りましょう!

 

皆さんにとってこれからの1か月余は極めて重要です。これまでの皆さんの頑張りを一番知っているのは皆さんだと思うので自信をもって試験に臨んでください!皆さんの合格を心から祈っています!

共通テストまで残り7日

がんばれ受験生!!