東京薬科大学のいいところ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 11月 26日 東京薬科大学のいいところ

こんにちは。

担任助手3年の山中です。

本日は私の通っている東京薬科大学の良い所を紹介します!

といいましたが、良く感じるところは人それぞれかと思いますので、他の薬学部と比較して一番の特徴とそれに対して解説していくスタイルで述べていきたいと思います!!

特徴:歴史が古く、定員が多い!

解説:東京薬科大学は創設140年で薬学部のなかでも最古の部類に入ります!また定員に関しては、私立薬学部で一番多い数になっています。

これのどこが良い所なの?と疑問に思う方もいると思いますが、薬剤師は基本的には薬剤師(薬学部)と働きます。東薬は歴史があり、今の製薬会社などの企業の上層部には東薬出身の方が多いそうです。なので、企業に就職を考えている人は、面接等で出身が同じだったら少し好印象かもしれませんね。また、定員が多いということは、東薬出身の薬剤師が一番多いということです。つまり就職した時に同じ大学出身の人が多く、共通の話題などがあり働きやすいと思います!

薬剤師はコミュニティとして、薬剤師に依存するので、そのともに働く人に共通点があると働きやすいのではないかなーと思います。

薬学部を志望する高校生の皆さん、是非志望校選びの参考にしてください!

それではまた。