東進に決めた理由と入って良かったこと~清田編~ | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2021年 9月 25日 東進に決めた理由と入って良かったこと~清田編~

こんにちは!担任助手1年の清田大智(きよただいち)です。

9月も下旬になり、だんだんと寒くなってきましたね。受験生はもちろん、多くの低学年も受験を意識し始める時期になってきたと思います。

そこで今回は、僕が東進に入学することを決めた理由と、入って良かった事について書いていきたいと思います。

まず初めに、僕が東進に入学したのは、高校2年生の2月頃です。きっかけとしては、その前の12月いっぱいで早期引退という形で部活から離れ、1月から本格的に受験勉強を始めようと複数の予備校を体験という形で周って、2月に入学を決めたという流れです。

そのときに僕が東進に入学することを決めた理由は2つあります。まず1つ目としては授業が面白かったからです。当時の僕は部活をやめたばかりで、全くと言っていいほど勉強の習慣がありませんでした。そのため、まず勉強に取り組む習慣をつける必要があると感じました。そこで「この面白い授業なら嫌にならないかも」と感じ、東進を選びました。

2つ目は行きたい大学に合格するイメージが湧いたからです。これには様々な要因があり、スタッフとの面談やグループミーティングなど校舎に活気があったからだと思います。塾・予備校を選ぶうえで、授業だけでなくこういう部分を重視することも大切なことだと思います。

次は、実際に東進に入学してよかったことについて書きたいと思います。

まず一番としては、周りにレベルの高い受験生がたくさんいるということです。自分より頑張っている生徒が周りに当たり前にいることで、自分もよりストイックにやれると感じ、自然と危機感が生まれてきてくれました。

2つ目は過去問演習講座の充実です。東進の1つの特徴として、過去問に取り組む時期が早いというのがあると思います。早い時期から充実した過去問演習に取り組むことができたのは東進に入って良かったと感じたポイントです。

いかがでしたでしょうか。すべてを挙げきれたわけではありませんが、以上が僕が東進を選んだ理由と入って良かったことです。

11月の模試も少しずつ近づいてきています。まずはそこを目標に頑張っていきましょう