長期休みの学習~鈴木編~ | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2020年 5月 14日 長期休みの学習~鈴木編~

こんにちは!担任助手3年の鈴木愛理です!

最近自粛する生活に慣れ始め、家で大学の勉強や語学学習、筋トレをして自分を磨いてます笑

皆さんは、今ある貴重な時間をうまく勉強に活かせていますか?

今回は、「長期休みの学習」をテーマに私から皆さんにアドバイスをしたいと思います。

 

多くの学校がコロナウイルスの影響で学校の休校が長引いていると思います。

このような長期休みを上手く活用することが、受験を制するための第一歩になるのではないでしょうか!

そこで、私から2つのアドバイスを学生の皆さんに伝えたいです。

 

①自分と向きあうことを恐れない

皆さん、自分自身がなりたい理想像があると思います。「第一志望に受かりたい」「なりたい職業に就きたい」などなど…

その理想像を実現するために、自己分析をしてみてください。そうすると理想と現状のギャップが見えてくるのではないでしょうか。

その際に、自分に必要なことと向き合うことを恐れず、改善するための次の行動を考えてほしいです。

例えば、模試の点数が求められる点数より足りない場合、弱点を克服するための勉強法を考えて行動に移してみてください。

 

実際、私は受験生期に自分と向き合うことを怠っていました。その結果、点数が安定せずに量をこなすことだけに焦点を置くようになってしまいました。

これにより、質を考える勉強をせずに、受験本番に突入しました。そして、良い結果が出ずに受験を終えました。

私は、この行動による失敗を受験が終ってから気づき、悔やみました。しかし、受験の後にそのことに気づくのでは遅いです!

皆さんには、こんなにも時間があります!だからこそ、今一度自分と向き合って今後の勉強方法について考えてみてください。

 

②決めた予定を完遂する

皆さんは、自分がやらなければならないことを計画しながら毎日勉強できていますか?立てている方は、その計画を毎日完遂できていますか?

家で勉強をするということは、いろいろな誘惑があると思います。例えば、スマートフォンやテレビとか…

しかし、その中でも自分を律して勉強することを心がけてほしいです。毎日13時間以上に匹敵する勉強量の予定を決めて、その予定を必ず完遂する。

これを、毎日のミッションとして続けていかなければなりません。

なぜなら、皆さんがこれから戦うフィールドは全国区だからです。自分が所属しているコミュニティがすべてではないのです。

私は、そのような大規模な戦いに打ち勝つためには、自分に負けないことが合格を勝ち取るための方法であると考えています。

そのため、決めた予定を完遂するということは必ず出来なければならないことであると思っています。

 

 

これらのアドバイスを基に、今日よりもっと充実した明日を作り上げてください!

しかし、「そんなことをいわれてもどのように勉強をしていけば良いのか分からない…」という方がいらっしゃると思います。

そのような方は、是非自宅オンライン講習を体験してみてください。

このチャンスを利用して勉強の習慣を作り、これからの勉強に活かしていきましょう!