二次私大過去問の活用法! 〜野中ver.〜 | 東進ハイスクール 川口校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 7月 17日 二次私大過去問の活用法! 〜野中ver.〜

こんにちは野中です!みなさんいかがお過ごしでしょうか。テストも終わり、すでに夏休みに入っている人もいるかもしれません。

 

今回は自分の二次私大過去問の活用方法についてお話ししたいと思います!!

夏休みって受験生にとってもそうじゃない人にとっても、長い時間が残されているようで、意外とそうではありません。やるべきことをしっかりと考えて、それを効率よく行うことを意識しないで勉強してはいけません。そしてもちろん二次私大の復習にどれだけ時間をかけるかなども重要な要素となります。

 

まず、自分は東進に開館してすぐに朝登校し、過去問を解いていました。そして午前中に過去問を解いて午後は復習と受講などをしていました。その理由としては入試は朝から始まるということと、過去問をやると否が応でも目が覚めるということです。

 

復習についてですが、自分が復習について最も声を大にして言いたいことはあまり時間をかけすぎないことです。過去問を解く理由というのはあくまで志望校の傾向を知り、これからの学習の指針を決める材料にしていくことです。もちろん点数を取ろうとすることは非常に大事ですが、そのために復習を試験時間と同じかそれ以上の時間を復習に費やすのはあまりいい策とは言えないと思います。二次私大は細かいところまで点数を取ろうとしたらキリがありません。合格点さえ取れれば良いのです。そのためには最低限とれるところをかき集めるのが最も大事なことです

夏休みは過去問を進める最高の機会です。自分は夏休みはほぼ毎日過去問をやり、合計で40年分ほど過去問を解きました。夏休みに過去問をかなり進めることができたならば、その先の自信にもつながります。

 

みなさんもこの夏休みに過去問を進め、後悔のない最高の夏にしましょう!!!