私の夢 vol.10 | 東進ハイスクール川口校|埼玉県

ブログ

2018年 12月 5日 私の夢 vol.10

The value of a man should be seen in what he gives and not in what he is able to receive.

(人間の価値は、何を持っているかではなく、何を与えられるか、で判断すべきだ)
 
 
こんにちは。川口校担任助手の中川由梨可です。
 
みなさん、夢はありますか。
 
夢について考えることはとても難しいと思っています。
将来がどうなるかわからないし、どうすれば自分が幸せになるのかなんて、誰もわからない。
 
 
でも、それが当たり前の事なのではないかな、と思うのです。
だから、あまり、そう遠い未来のことは考える必要はないんじゃないかなと。
 
 
夢は変わって当たり前で、将来の事などわからないのが当たり前。
だから、「今」自分がやりたいことを、ただやること。に力を使うのが得策だと思っています。
そこに遠慮や躊躇は無しで。変わることや挑戦から逃げないで。楽な方に流れないで。
 
 
Just do it.
 
 
その積み重ねが、未来のあなたを作る。そして未来のあなたは、そのとき、したいことをする。
周りから見て、夢をかなえてきた人は、ただそうやって、目の前にあることを必死でこなしてきた人なんじゃないか、と思っています。
 
 
私の今やりたいことは、「自分の頭を使って、頑張る誰かの力になれる人財」になることです。
だから、担任として、頑張る生徒が必ず合格できるように、勉強法や大学について、もっともっと勉強したい。そういう努力を日々していきたい。あと3ケ月で卒業しますが、最後の一日までしていきたい。今の実力ではまだまだ、川口校の、努力家で素敵な生徒の力にはなれない。
 
私はもっと、生徒の力になれる人財になりたいです。
 
 
 
冒頭の“The value of a man should be seen in what he gives and not in what he is able to receive.”
 
これは私の好きな言葉です。アルベルト・アインシュタインが言ったと言われています。
 
 
人は、「お金がある」とか、「地位」とか、「持っているもの」で評価されがちですが、
私がなりたいのは、何も持っていなくてもいいから、「たくさん与えられるひと」です。
 
 
まあ、欲はあります。お肉食べたいし、かわいいアクセサリーもほしい。
けれど、「与えられる人」になるための学びや行動を必ずしていきます。
 
 
「持っているもの」じゃなくて、「与えられるもの」を誇れる人になりたいです。
 
 
だからこれからも、目の前にある「やりたいこと」を、ただこなす。
そういう風に、過ごしていきます。
 
みなさんも、是非、「やりたいこと」をやる。
そんな過ごし方、してみてはどうですか。
いつか夢にたどり着くのではないでしょうか、なんて思っています。
 
東進ハイスクールで、勉強を頑張りたい!
そんな生徒を募集しています。
お申し込みは下のバナーから!